「プチ断食」をおすすめします。

 

こんにちは〜。

ここ最近、食生活が少し乱れた日が続いていたので、身体も心もリセットに入るために。

今日はお休みの日ということで、ブランチに・・・・

 

 

落花生・ヘーゼルナッツ・ひまわりの種・きゅうり・梨・レーズン

 

胃が疲れている時には、生野菜・生のフルーツなど酵素が含まれている食材を積極的に。

 

 

また私は普段からできる限り1日の中で「プチ断食」を取り入れるようにしています。

 

 

基本的に私は早めに夕飯はとるようにしています。16時〜18時の間には。

18時までに食べたら、そこから18時間は水以外は口に入れないようにしています。

つまり次の日の昼12時までです。

18時間で少なくともお腹の中を空っぽにできます。

 

 

実は、この「プチ断食」をやり始めてから、自分の感覚に変化が現れました。

以前までは3食を普通に食べる生活、むしろご飯を食べた後でも

「デザートは別腹!」

「次はラーメン食べたくなってきた・・・ラーメン食べた後はメロンパン食べたくなってきた」なんて

食べ物のハシゴをするように何でも気分で食べていた気がします。

食べ物を食べて何か精神的な安定を求めていたかのように。

実際はそんなことをしても「もっと、もっと・・」という中毒症状?依存にしかならないんですよね。

完全にマインドコントロールできていないってことですね。

 

 

みなさんもご存知かと思いますが、食べ物の消化の流れとして

1、口腔(口の中、嚙み砕く)

2、胃 (粥状になる)

3、小腸(栄養素の消化吸収)

4、大腸(水分を吸収し便を作る)

5、肛門(排泄)

 

 

話は戻りますが、

つまり18時間何も食べない「プチ断食」により、

消化器官を休め、一日中フル回転で消化に使っていたエネルギーを、

違う事にエネルギーを使う事ができるようになる。

イライラしなくなった、身体がだるいと感じない、日中眠くならなくなったり

一日の自分のパフォーマンス(状態)が断然変わりました。

 

 

 

私達は「食べるために生きる」のではなく、「生きるために食べる」

 

 

 

 

皆さんもたまには消化という作業を休ませてあげたら

今までに感じたことのないエネルギーをあなたの身体に感じることができると思います。

 

 

読んでいただきありがとうございます。

 

次の記事:

ソイミートと野菜のあんかけ(クリック)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です