とっても簡単!手作り陳皮の作り方

 

今日は手作り陳皮(ちんぴ)の作り方をご紹介したいと思います。

みかんの皮を干したもの。本来中国で漢方薬の原料とされていた陳皮ですが

他にも紅茶や料理にも使えるので、ぜひ作ってみてください。

驚くほど簡単に作れます。

 

 

まず食べたみかんの皮を捨てずに、40度ぐらいのお湯に浸け(30分)

皮についている汚れやワックスをとります。

その後ザルやバットなどにあげて、重ならないように並べそのまま放置して乾燥。

すっごい乾燥している部屋や温風ヒーターの近くだと、3日ぐらいで乾燥します。

季節や場所によって乾燥期間は変わるので

カラカラに乾燥するまで、忘れるぐらい放置しておけば大丈夫。(笑)

 

 

もちろん外で干しても全然大丈夫ですが、天気には気をつけてくださいね。

 

炊き込み御飯に砕いて入れたり、お吸い物、紅茶に入れたりとアイディア次第で

なんにでも使えます。

 

私は朝の一杯の白湯を飲んだ後に、

ひとかけらの陳皮を入れた「陳皮白湯」を飲むのが好きです。

ファスティング(断食)中にもよく飲みます。

 

 

皆さんも手作り陳皮でこんなレシピがあるよ〜!という方は

ぜひコメントでシェアしてくださいね。

 

 

次の記事:

24時間ファスティング後の「ロースト小玉ねぎ」(クリック)

 

 

 

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. […] 手作り陳皮の作り方(クリック) […]

  2. […] 手作り陳皮の作り方はこちら:「とっても簡単!手作り陳皮の作り方」(クリック) […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です